Filo Fax. ファイロファックス

022385

システム手帳の代名詞”ファイロファックス” デザイン性と機能美を兼ね備える、その確かな品質を永遠に

ファイロファックスの創立は1921年。ルーズリーフ式の紙を上質の革で作ったバインダーで綴じるという、現在のシステム手帳の元祖とも言えるアイデアを生み出したことに始まります。以降今日に至るまで、システム手帳のパイオニアとして時代のニーズに応じたシステム手帳を作り続け、「システム手帳の代名詞」と称されるまでに成長しました。

手の一枚革のみで作ったシンプルな造りながら、角をやや丸くする加工、ストラップの留め具にカバーキャップがつけるなど、シンプルな中にも美しさがあり、全体のバランスが調和されたデザインです。
Filofax社のイギリスの工房で、特厚手のレザーを太い糸を使いながら、注意深く一枚一枚手作業で縫い上げる伝統的な技法を用いて製作しています。

開閉式のリングで綴じる6穴リングメカニズムの元祖もファイロファックスです。現在ではすっかりおなじみのこのリング式バインダーですが、簡単にしっかりと綴じることが出来、ページの差し込みがしやすいといった機能的なつくりであると言えます。

ぜひお気軽に店頭までお越しください。