出産祝い

DSCF1598

  • DSCF1594
何度あっても喜ばしいお祝いには、「花結び」といった蝶結びののし紙に『御祝』もしくは『御出産祝い』と表書きします。水引の下段に贈る方の名前を記入します。

出産祝いは、赤ちゃんの生後7日後からお宮参りを行う

生後1ヵ月までには、贈るようにしましょう。

直接会って渡す場合は、ママと赤ちゃんが退院する2~3週間後が目安。

これはママの体調が整う時期でもありますが、

負担をかけないかどうか一度確認した上で伺いましょう。

また、育児は決まった生活のリズムをつくることが大変難しく、ママも疲れがち。

赤ちゃんとママを気遣って、長居は避けるようにしましょう。

出産祝いは、赤ちゃんが生まれてからお祝いをするのが一般的。

万が一のことを考えると、出産前にお祝いを贈ることは、

失礼に当たる場合がありますので注意しましょう。

ぜひお気軽に店頭までお越しください。